カスタム検索

PHP 5.1をインストール(その2)

前ページの続き。

設定ファイルをコピー

# cp php.ini-dist /etc/php.ini

/etc/php.iniの記述例

日本語をEUC-JPで使用する際の設定例です。先頭の「;」(コメント)を外したりします。

output_buffering         = On
output_handler           = mb_output_handler
magic_quotes_gpc = Off
default_charset          = EUC-JP
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.http_input  = auto
mbstring.http_output = EUC-JP
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none 

Apacheの設定ファイルを編集

/usr/local/apache2/conf/httpd.confに追記します。

AddType application/x-httpd-php .php

Apacheを再起動

php.iniとhttpd.confの変更を有効にするには、Apacheを再起動します。

#/usr/local/apache2/bin/apachectl restart

PHPのテスト

次のような内容のファイルを作成し、phpinfo.phpというファイル名で、/usr/local/apache2/htdocs/に保存します。

<?php
    phpinfo();
?>

ブラウザから、http://localhost/phpinfo.phpにアクセスします。

phpinfo();のテスト

このように表示されればOK! やったね!

CopyLeft 2021 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡