カスタム検索

インストール前の下準備

インストールの前に、パーティションの確保と、必要なファイルを配置し、設定等をしておく必要があります。

パーティションの確保

パーティションの確保をしますが、ハードディスクを初期化することになるので、バックアップ等は取っておきます。

MacOSのインストールCDから起動させ、ドライブ設定でハードディスクを初期化しますが、その際、MacOS用、Linux用、Linux swap用の3つのパーティションに分けます。Linux用、および、swap用のフォーマットはHFS標準にします。HFS拡張はダメです。

4.5Gのうち、2GをMac用、2.5GをLinux用、128MをLinuxのswap用に割り当てました。これらの容量は紙に控えておいた方が良いです。その後、Mac用に割り当てたパーティションに、MacOSをインストールします。

これらの作業はCD-ROMドライブが壊れているので、別のマシンにハードディスクを移し替えて行いました・・・。

必要なファイルを配置

softwareという名前のフォルダを作成し、その中にVineの「ftpサイト」のいずれかのサイトからVine-3.1/ppc/Vine/RPMS.main-cdのファイルを全てダウンロードします。そのsoftwareフォルダはMacのトップディレクトリ(システムフォルダと同じ階層)に配置します。

Vineの「ftpサイト」のいずれかのサイトからVine-3.1/CDIMAGE/Vine31-ppc.isoをダウンロードして、マウントします。MacOSXであれば、ダブルクリックすればOKです。ちなみに、このVine31-ppc.isoをそのままisoフォーマットでCDにすればインストールCDになります。

マウントしたら、

  • ・BootX Extensionを機能拡張フォルダの中に
  • BootX_Settingsを初期設定フォルダの中に
  • Boot_VineLinuxをコントロールパネルフォルダの中に
  • Linux Kernelsフォルダをシステムフォルダの中に
  • mapsフォルダをトップディレクトリ(システムフォルダと同じ階層)の中に
  • liveフォルダをトップディレクトリの中に
  • ramdisk.image.gzをシステムフォルダの中に

それぞれ配置します。

再起動します。

BootXの設定

再起動したら、BootXの画面が現れるので、Ramdisk Sizeの値を16384に変更します。その後、Linuxボタンをクリックします。

CopyLeft 2021 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡