カスタム検索

<td>タグ

<td>タグの機能と属性
機能 データセル(通常のセル)を定義
属性 HTML-4.01 コア 言語 イベント  abbr  axis  headers  scope  rowspan  colspan  align  valign  char  charoff  
XHTML-1.0 コア 言語 イベント  abbr  axis  headers  scope  rowspan  colspan  align  valign  char  charoff  

<td>タグは、テーブルに新しいデータセル(通常のテキストなどを記述するセル)を定義します。<td>タグは、テーブルの行を定義する<tr>タグに必ずネストされます。

colspan属性

セルを横方向にまたぐ(連結させる)には、colspan属性を指定します。値には、またぐセルの数を指定します。

td_colspan.html
<html>
    <head>
        <title>&lt;td&gt;タグの例 colspan属性の例</title>
    </head>
    <body>
        <table border="1">
            <tr>
                <th>項目名1</th>
                <th>項目名2</th>
                <th>項目名3</th>
            </tr>
            <tr>
                <td>データ1</td>
                <td colspan="2">データ2と3</td>
            </tr>
        </table>
    </body>
</html>

rowspan属性

セルを縦方向にまたぐ(連結させる)には、rowspan属性を指定します。値には、またぐセルの数を指定します。

td_rowspan.html
<html>
    <head>
        <title>&lt;td&gt;タグ rowsapn属性の例</title>
    </head>
    <body>
        <table border="1">
            <tr>
                <th>項目名1</th>
                <td rowspan="2">データ1</td>
            </tr>
            <tr>
                <th>項目名2</th>
            </tr>
            <tr>
                <th>項目名3</th>
                <td>データ3</td>
            </tr>
        </table>
    </body>
</html>

valign属性

<tr>タグと同様、valign属性を指定すると、垂直方向の位置揃えを指定することができます。ただし、<tr>タグでは、その行に含まれる全てのセルに位置揃えを適用するのに対し、<th>タグにvalign属性を指定した場合は、そのセルのみに、位置揃えが適用されます。

valign属性の詳細については、<tr>タグを参照してください。

align属性

align属性を指定すると、そのセルのみに対して、水平方向の位置揃えを指定することができます。

CSSを使用すれば、このalign属性と同等のことが可能ですので、水平方向の位置揃えを指定する場合は、CSSを使用するようにしてください。

abbr属性

abbr属性の値には、セルに表示される内容の概要を記述します。主に、視覚の障害を持つ人のために使用されます。

char属性

char属性は、任意の1文字を基準として位置揃えをさせたい場合に使用します。小数や、価格の表示に適していると思います。値に任意の1文字(小数なら「.」)を指定すると、その文字を基準に位置揃えが行われます。

ただし、ほとんどのブラウザでは、この属性を指定しても機能しないようです。

charoff属性

charoff属性は、char属性の値で指定した文字までの文字数(オフセット値)を指定します。

ただし、ほとんどのブラウザでは、この属性を指定しても機能しないようです。

headers属性

詳細は不明。

scope属性

詳細は不明。

axis属性

詳細は不明。

CopyLeft 2021 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡