カスタム検索

<table>タグ

<table>タグの機能と属性
機能 テーブル(表)を定義
属性 HTML-4.01 コア 言語 イベント  summary  width  border  frame  rules  cellspacing  cellpadding  datapagesize  
XHTML-1.0 コア 言語 イベント  summary  width  border  frame  rules  cellspacing  cellpadding  

<table>タグは、テーブル(表)を定義します。最低、行を定義する<tr>タグと、セルを定義する<td>タグをネストします。その他、項目名を定義する<th>、表題を定義する<caption>などがあります。<table>にネストされるその他のタグについては、詳細ページを参照してください。

<table>にネストされるタグ
タグ名 機能 詳細
<caption> テーブルの表題を定義 詳細
<tr> テーブルに新しい行を定義 詳細
<th> ヘッダセル(項目名のセル)を定義 詳細
<td> データセル(通常のセル)を定義 詳細
<thead> テーブルのヘッダ部を定義 詳細
<tbody> テーブルのボディ部を定義 詳細
<tfoot> テーブルのフッタ部を定義 詳細
<colgroup> テーブルの列グループを定義 詳細
<col> 列グループの中で列を定義 詳細

border属性

border属性を指定すると、テーブルの周囲とセルに縁取りを表示します。この属性の値には、整数値(ピクセル数)を指定します。縁取りは、指定された太さで表示されます。下の例は、基本的なテーブルに、border属性を指定したものです。

table_border.html
<html>
    <head>
        <title>&lt;table&gt;タグの例</title>
    </head>
    <body>
        <h1>属性にborder="1"を指定</h1>
        <table border="1">
            <caption>表題</caption>
            <tr>
                <th>項目名1</th>
                <td>データ1a</td>
                <td>データ1b</td>
            </tr>
            <tr>
                <th>項目名2</th>
                <td>データ2a</td>
                <td>データ2b</td>
            </tr>
        </table>
    </body>
</html>

cellspacing属性

cellspacing属性は、セルとセルの間隔と、テーブルの周囲との間隔を指定します。指定する値は数値(ピクセル数)です。何も指定しない場合は、2ピクセルとなります。

table_cellspacing.html
<html>
    <head>
        <title>&lt;table&gt;タグの例</title>
    </head>
    <body>
        <h1>cellspacing属性の例</h1>
        <h2>属性にborder="1" cellspacing="10"を指定</h2>
        <table border="1" cellspacing="10">
            <caption>表題</caption>
            <tr>
                <th>項目名1</th>
                <td>データ1a</td>
                <td>データ1b</td>
            </tr>
            <tr>
                <th>項目名2</th>
                <td>データ2a</td>
                <td>データ2b</td>
            </tr>
        </table>
        <h2>属性にborder="1" cellspacing="0"を指定</h2>
        <table border="1" cellspacing="0">
            <caption>表題</caption>
            <tr>
                <th>項目名1</th>
                <td>データ1a</td>
                <td>データ1b</td>
            </tr>
            <tr>
                <th>項目名2</th>
                <td>データ2a</td>
                <td>データ2b</td>
            </tr>
        </table>
    </body>
</html>

cellpadding属性

cellpadding属性は、セルの内容から、セルの端までの間隔を指定します。何も指定しない場合は、1ピクセルです。

table_cellpadding.html
<html>
    <head>
        <title>&lt;table&gt;タグの例</title>
    </head>
    <body>
        <h1>cellpaddingの例</h1>
        <h2>属性にborder="1" cellpadding="10"を指定</h2>
        <table border="1" cellpadding="10">
            <caption>表題</caption>
            <tr>
                <th>項目名1</th>
                <td>データ1a</td>
                <td>データ1b</td>
            </tr>
            <tr>
                <th>項目名2</th>
                <td>データ2a</td>
                <td>データ2b</td>
            </tr>
        </table>
        <h2>属性にborder="1" cellpadding="0"を指定</h2>
        <table border="1" cellpadding="0">
            <caption>表題</caption>
            <tr>
                <th>項目名1</th>
                <td>データ1a</td>
                <td>データ1b</td>
            </tr>
            <tr>
                <th>項目名2</th>
                <td>データ2a</td>
                <td>データ2b</td>
            </tr>
        </table>
    </body>
</html>

summary属性

summary属性には、テーブルの内容をまとめたテキストを記述します。主に、障害を持つ人のために記述します。

frame属性

テーブルの縁取りのどの部分を表示するかを指定します。何も指定しない場合は、「border」(4辺全てを表示)です。ただし、ブラウザによっては、この属性を指定しても、機能しないものがあります。

指定できる値は次の通りです。

  • void(表示しない)
  • above(上辺のみ)
  • below(下辺のみ)
  • hsides(上辺と下辺)
  • lhs(左辺のみ)
  • rhs(右辺のみ)
  • vsides(左辺と右辺)
  • box(4辺全て)
  • border(4辺全て(初期値))

rules属性

テーブル内に含まれるセルの枠線のどこを表示するかを指定します。何も指定しない場合は、「all」(全て表示)です。ただし、ブラウザによっては、この属性を指定しても、機能しないものがあります。

  • rows(行、横方向のみ)
  • cols(列、縦方向のみ)
  • group(グループのみ)
  • none(表示しない)
  • all(全て表示)

with属性

with属性ではテーブル全体の幅を指定することができます。ただし、CSSを使用すれば、同等のことが可能ですので、テーブルの幅を調節したい場合には、CSSで指定するようにしてください。

datapagesize属性

この属性は何も定義されていないようです。

CopyLeft 2018 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡