カスタム検索

XHTML DTD宣言

XHTMLの場合のDTD宣言は、まず最初にXMLのどのバージョンを使用したのか記述します。その次に、どのDTDに準拠しているのかを定義します。

XHTML DTD宣言の入力例

XHTML DTD宣言の入力例を紹介します。実際に使用される場合、例の通りに記述しておけばOKです。

Strictで定義されているタグとその属性だけを使っているつもりでも、うっかり定義されていないタグを使用している可能性もあるので、特に理由のない限り、Transirionalで宣言した方が無難かもしれません。

最初の行のencoding="xxx"の値は、「Shift_JIS」や「EUC-JP」等、自分の環境に合わせて変更してください。

Strictの場合

xhtml_strict.html
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html
    PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

<html>
    <head>
        <title>XHTML DTD Strictの記述例</title>
    </head>
    <body>
        <p>本文
        </p>
    </body>
</html>

Transitionalの場合

xhtml_transitional.html
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html
    PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html>
    <head>
        <title>XHTML DTD Transitionalの記述例</title>
    </head>
    <body>
        <p>本文
        </p>
    </body>
</html>

Framesetの場合

xhtml_frameset.html
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html
    PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-frameset.dtd">

<html>
    <head>
        <title>HTML DTD Framesetの記述例</title>
    </head>
    <body>
        <p>本文
        </p>
    </body>
</html>
CopyLeft 2017 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡