カスタム検索

HTML/XHTMLで使ってはいけない文字

HTMLおよび、XHTMLを使用してWebページを作成する際、使ってはいけない文字、危険な文字があります。

タグを表す「<」と「>」を通常のテキストとして表現しようとすると、ブラウザはタグと間違って、意図しない結果を表示する可能性があります。

このような場合、エンティティ文字という特別な文字を使用することで「<」や「>」のような文字を記述することができます。例えば、「<」は「&lt;」と記述します。

entitie.html
<html>
    <head>
    </head>
    <body>
        <p>&lt;は小なり記号
        </p>
        <p>&gt;は大なり記号
        </p>
        <p>&amp;はアンド
        </p>
    </body>
</html>

代表的なエンティティ文字

危険な文字としては、

  • <(&lt;と表記)
  • >(&gt;と表記)
  • &(&amp;と表記)

があります。その他、よく使用されるものに、

  • ©(&copy;と表記)
  • ®(&reg;と表記)

があります。

数値での指定

「&lt;」は「&#062;」のように、「#」のあとに数値を指定することで同様のエンティティ文字を表現することができます。

エンティティ文字はエンティティ文字にまとめてありますので、参考にしてください。

まとめ
  • 「<」のように、表示に問題のある文字についてはエンティティ文字を使用
CopyLeft 2017 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡