カスタム検索

テキストエディタについて

テキストエディタとは、文字情報のみを作成・編集するためのアプリケーションソフトのことです。略して「エディタ」と呼ばれることも多いです。

Windowsの場合、「メモ帳」、MacOSの場合は「SimpleText」が最初から付属しているテキストエディタです。このようなシンプルなテキストエディタを使用してWebサイトを作成することも可能ですが、もっとテキストの作成や編集に便利な機能を持ったものを使った方が良いでしょう。

エディタ選び

テキストエディタにも色々ありますが、次のような機能を持ったものを選ぶと良いと思います。

  • 色分け表示をしてくれるもの
  • 自動インデント(字下げ)機能のあるもの
  • 検索/置換機能のあるもの
  • 動作が軽快なもの

このような機能を持ったもので、Windows用では「秀丸エディタ」(シェアウェア)というのが人気のようです。Macintosh用に「mi」(フリーウエア)というエディタがあります。どちらもVectorなどで入手できますし、他にも多くのテキストエディタがフリーウェアやシェアウェアとして入手できると思います。

将来のためのエディタ選び

将来、サーバをレンタルしたり、ネットワークについて勉強したいという方におすすめしたいテキストエディタがあります。サーバ用などのネットワークに関するコンピュータには、ほとんどの場合UNIX系のOSが使用されており、それらUNIX系のOSでは主に「Emacs(Mule)」、「vi(vim)」という2つのテキストエディタが使用されています。

Emacs(Mule)は、非常に高機能なエディタですが、そのためにコンピュータにも負荷がかかり、サーバ用コンピュータにインストールされていない(しない)ことが多いです。一方、vi(vim)は、ほとんど全てのUNIX系OSにシステム管理用として標準で用意されています。そのため、viの操作ができないと細やかなサーバの設定ができないことがあります。

viの操作は一般的なテキストエディタと比べると特殊であり、慣れるまでは大変で、イライラするかもしれませんが、慣れてくると非常に効率良くテキスト編集ができるようになります。尚、マウス操作も可能で使いやすく、WindowsとMacOSXでも使用可能なgvimが香り屋さんで入手することができます。

gvim画面

gvimの画面。色分け表示、自動インデント、テキストの置換、検索などの豊富な機能があり、そういった機能はカスタマイズすることもできます。動作の軽快さはさすがのもの。

エディタ選びは慎重に

他のアプリケーションソフトと同様に、使っているエディタに一度慣れてしまうと他のエディタを使う気には簡単にはなれないものです。また、コンピュータを扱う上でテキストの作成、編集は日常的なことですから、自分に合ったものをこだわりを持って探してみてください。

CopyLeft 2017 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡