カスタム検索
トップページ >はじめに >何を学べば?

何を学べばWebサイトを作成することができるのか?

テキストエディタを使用してWebサイトを作成するには、Webサイト作成のための知識が必要となります。そのためには何を学べば良いのか紹介します。

HTMLあるいは、XHTML

HTMLXHTMLはWebページの見出し、タイトル、段落等や、他のWebページへのリンク等を指定するための言語です。

言語と表現すると分かりにくいかもしれません。情報をうまく整理しておくためのルールや方法だと考えてください。例えていうなら、何かを収納するとき、シールに名前を書いて貼っておいて、あとから自分が見ても、他の誰が見ても「これはxxxです」と分かるようにしておくような感覚です。

XHTMLとは、簡単にいってしまえば、HTMLの改良版といったところです。

Webサイト作成において、このHTMLあるいは、XHTMLの学習は必須といえます。

HTMLおよび、XHTMLについては、HTMLとXHTMLのセクションで詳しく紹介しています。

CSS

CSSを使用すると、主にWebページの背景や文字の色、余白のサイズといったビジュアル面を指定することができます。

HTMLあるいは、XHTMLだけでもWebサイトを作成することができますが、CSSを使用することで、より多彩な表現が可能となります。

現在、多くのWebサイトがビジュアル面を意識したつくりになっていますので、このCSSも必須といえるでしょう。

CSSはCSSのセクションで詳しく紹介しています。

その他の技術、言語、考え方など

HTMLあるいは、XHTML、CSSを学ぶだけでも十分にWebサイトを作成することができます。しかし、よりビジュアルにこだわったWebサイトや、機能的なWebサイト、見る人に優しいWebサイトなど、一歩進んだWebサイトの作成には、他にも多くのことを学ぶことになります。それらの中で主なものを以下に紹介します。

プログラミング言語

Webサイトに掲示板のようなプログラムを導入するには、プログラミング言語の学習が必要になることがあります。Webサイトの作成に使用されるプログラミング言語には、「PHP」、「Perl」、「Java」、「C言語」などがあります。

ユーザビリティ、アクセシビリティ

Webサイトを見てもらうにあたり、分かりやすいWebサイトの構成、アクセスのしやすさなどが求められます。このように「どう情報を表示するのが適切なのか」考察し、分析、実践するのがユーザビリティやアクセシビリティといえます。

ビジュアルデザイン

Webサイトの配色や、レイアウトは雰囲気や読みやすさに大きな影響を与えます。これはユーザビリティ、アクセシビリティと密接に関係し、また、相反する要素も持っています。

このサイトで紹介していること

このサイトでは、

  • HTML
  • XHTML
  • CSS

について詳しく紹介し、Webサイトを作成していく方法を説明しています。HTML、XHTML、CSSを紹介していく過程でその他の技術や言語などについて少し触れている箇所もあります。

その他の技術や言語などについては、今後紹介していきたいと思っています。

CopyLeft 2017 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡