カスタム検索
トップページ >はじめに >用意するもの

何を用意すればWebサイトを作成することができるのか

Webサイトを作成するには、そのための道具が必要です。その道具を紹介します。尚、

については、次ページ以降で詳しく紹介します。

テキストエディタ

このサイトでは、テキストエディタによるWebサイトの作成方法を紹介していますので、このテキストエディタは必須となります。

詳細ページ:テキストエディタについて

Webブラウザ

作成したWebサイトを確認するためには、Webブラウザが必要になります。

詳細ページ:Webブラウザについて

画像編集ソフト

Webサイトで表示させる画像を作成、編集するために必要になります。画像を扱わなければ必要ありませんが、今どき画像のないWebページはあまり見かけません。何か用意しておくことをおすすめします。

詳細ページ:画像編集ソフトについて

まずは、HTMLやCSSを理解して、サイト作成の知識を身に付けたいという人は、画像のことは後回しにしても良いと思います。

その他

動画や音声など、何か特別なものをWebサイトで扱う場合、専用のソフトウェアが必要になるでしょう。だだし、このサイトでは、動画や音声などについては触れませんので、興味のある方はご自分で用意してください。

Webサイトが完成してから必要になるもの

Webサイトが完成し、実際にインターネット上で運用、更新していくためには、作成とは別に必要となるものがあります。

まず、Webサイトを公開するためには、Webサイトを設置しておくサーバ類が必要となります。これには、契約しているプロバイダが用意しているものを使用したり、別途レンタルすることになります。あまり現実的ではありませんが、自分で用意することも可能です。

また、サーバ類にWebサイトを設置する際、その通信に必要なソフトウェア(FTPソフトなど)も必要になるでしょう。このようなソフトウェアの多くはフリーで入手可能です。あるいは、プロバイダやサーバ類のレンタル会社が同様のプログラムを用意している場合もありますし、オーサリングソフトがそのような機能を持っている場合もあります。

いずれにしても、Webサイトが出来上がってから自分に合ったものを考え、選択するのが現実的です。

CopyLeft 2017 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡