カスタム検索
トップページ >はじめに >どうすれば?

どうすればWebサイトを作成することができるのか?

どうすればWebサイトを作成することができるのでしょうか?その方法には大きく分けて次の2つが考えられます。

  • オーサリングソフトを中心に使用する
  • テキストエディタを中心に使用する
オーサリングソフトとは、いわゆる「ホームページ作成ソフト」のことです。説明のため、ブログのようなコミュニティサイトを構築するプログラムなどもこの中に含むものとして考えてください。
テキストエディタとは、文字情報を作成、編集するソフトウェアです。例えば、Windowsに最初から付属しているものとして、「メモ帳」があります。詳しくは、用意するもの > テキストエディタで紹介しています。

このサイトでは、テキストエディタによる作成方法を紹介していますが、なぜテキストエディタによる作成方法を紹介しているのか、それぞれの長所と短所を比べてみることでその理由を明らかにしたいと思います。

オーサリングソフトとテキストエディタによるサイト作成の比較
比較対象 オーサリングソフト テキストエディタ
作成中の状態 仕上りの状態を確認しながら作成 仕上りの状態を想像しながら作成
総合的な管理 優れている(そのためのソフト) テキストエディタ以外に様々なソフトを使用する
サイト作成の知識 必要になることがある 必要
気軽かどうか 始めるということに対しては気軽 知識は必要だが、それをクリアすれば気軽
クオリティ ソフトの機能に縛られる 細やかな作成が可能だが、スキルは必要
コスト ピンキリだが、高機能なものはそれなりにする 大抵、フリーで入手可能
作成スピード ソフトによる 人による(慣れれば非常に早い)
将来性 バージョンアップやより高機能なソフトの導入 自力で知識、経験を重ねる

おおむね上の表のようになりますが、知識や経験さえあれば、テキストエディタによる作成の方がメリットが多いかもしれません。もちろん、オーサリングソフトと、テキストエディタによる作成を必要に応じて使い分けるという方法もあります。総合的な管理という点においては、オーサリングソフトを使用する方が効率が良いでしょう。

問題となるのは、テキストエディタによるWebサイト作成には知識が必要となることです。しかし、言いかえれば、テキストエディタを使用してWebサイトを作成していくこと自体が、Webサイト作成の知識を身に付けることにもなります(オーサリングソフトを使用する場合も操作法や用語を把握する必要はあります)。

尚、「良いWebサイト」、「センスのあるWebサイト」の作成には、テキストエディタを使用しても、どんなオーサリングソフトを使用しても関係はありません。それは、その人の能力やセンスが関係するものです。しかしながら、Webサイト作成に関する知識を身に付けることは、「良いWebサイト」や「センスのあるWebサイト」を作成するための第一歩であることに間違いはありません。

そのようなことから、このサイトではテキストエディタによるWebサイト作成を紹介しています。

CopyLeft 2017 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡