カスタム検索

<script>タグ

<script>タグの機能と属性
機能 スクリプトを定義する
属性 HTML-4.01 charset  type  src  defer  event  for  
XHTML-1.0 id  charset  type  src  defer  xml:space  
備考 XHTML2では廃止になっている

<script>タグはJavaScriptなどのスクリプト言語を定義するために使用します。ただし、このサイトではJavaScript等に関することには触れませんので、<script>タグの説明に留めます。

charset属性

通常、JavaScriptプログラムはHTMLファイルに記述せず、別ファイルに記述し、そのファイルを読み込んで使用することが多いのですが、そのJavaScriptプログラムを記述した際の文字セットをcharset属性で指定します。Shift_JISやEUC-JP等を指定します。

type属性

type属性はどのようなスクリプト言語を使用するのかを指定します。JavaScriptであれば、text/javascriptを指定します。

src属性

スクリプトを別ファイルに記述している場合、src属性でそのスクリプトファイルのパスを指定します。

defer属性

スクリプト言語を使用してWebページの内容を生成しない場合、defer属性を指定します。値にはdeferを指定します。defer属性を指定しておくことで、ブラウザに内容の表示にはスクリプトを実行しないことを知らせることができるのでページを速く表示することができます。

入力例

<script>タグによるスクリプトの記述は、HTMLとXHTMLでは記述法が異なります。まず、HTMLの場合です。

script_html.html
<html>
    <head>
        <title>&lt;script&gt;タグの使用例</title>
        <script type="text/javascript">
            <!--
            document.write( "Hello!" )
            -->

        </script>
    </head>
    <body>
        <p>本文
        </p>
    </body>
</html>

XHTMLの場合は次のようになります。

script_xhtml.html
<html>
    <head>
        <title>&lt;script&gt;タグの使用例</title>
        <script type="text/javascript">
            <![CDATA[
            document.write( "Hello!" )
            ]]>

        </script>
    </head>
    <body>
        <p>本文
        </p>
    </body>
</html>

上の2つ入力例では、スクリプト言語としてJavaScriptを指定し、JavaScriptプログラムをHTMLファイルに直接記述しています。

event属性、for属性

何も定義されていないようです。

id属性

共通して使用される属性のid属性を参照してください。

xml:space属性

xml:space属性は、その要素に含まれるテキストのスペースや改行をそのままスペースや改行として保持するかどうかを指定します。ただし、XHTMLでは、xml:space属性の値にpreserveしか指定することができません。

プログラミングではスペース等が特別な意味を持つことがあり、スペース等を保持するかどうかということは重要です。この属性はXMLでは他の値を指定することができますが、XHTMLではあまり関係のない属性でしょう。

CopyLeft 2017 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡