カスタム検索

<meta>タグ

<meta>タグの機能と属性
機能 HTML文書の情報を定義する
属性 HTML-4.01 言語  http-equiv  name  content  scheme  
XHTML-1.0 言語  id  http-equiv  name  content  scheme  
備考 空要素

<meta>タグは、<head>の要素に記述される<title>などとは別に、追加の情報や設定を記述したい場合に使用されます。

<meta>タグに定義されることとしては、

  • 検索エンジンに収集してもらう際のキーワードや説明文
  • 文字コードの指定

などがあります。

http-equiv属性、name属性、content属性

<meta>タグの使用には、http-equiv属性や、name属性で定義したいことを記述し、content属性で定義することを記述することで定義されます。そのため、http-equiv属性あるいは、name属性とcontent属性はセットで記述します。

次の例は文字セットにutf-8を指定し、検索エンジンに収集してもらうキーワードと説明文を指定したものです。文字セットの指定は<head>タグの直後に記述するようにしてください。

meta.html
<html>
    <head>
        <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8" />
        <meta name="description" content="文書の説明文を記述" />
        <meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3" />
        <title>&lt;meta&gt;タグの使用例</title>
    </head>
    <body>
        <p>本文
        </p>
    </body>
</html>

id属性

共通して使用される属性のid属性を参照してください。

scheme属性

特に定義されていないようです。

CopyLeft 2017 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡