カスタム検索

XHTMLテンプレート

XHTMLはDTD宣言や、<html>タグの属性指定などの面がちょっとややこしいのでテンプレートを用意しておきます。

xhtml_template.html
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html
    PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html xmlns="http://www.w3.org/TR/xhtml1" xml:lang="ja" lang="ja">
    <head>
        <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8" />
        <title>XHTMLのテンプレート</title>
    </head>
    <body>
        <p>内容
        </p>
    </body>
</html>

解説

1行目:XMLのバージョンと文字セットの指定。encodingの値は環境によって「EUC-JP」や「UTF-8」等に適宜書き換えてください。

2〜4行目:DTD宣言。FramesetやStrictにする場合はこの3行を書き換えてください。フレームを使用しない場合はこの記述で良いと思います。

5行目:<html>タグの属性。xmlns属性は例の通りでOKです。文書全体がXHTMLで記述されていることを指定しています。xml:lang属性とlang属性は、文書中で使用される言語を指定します。xml:lang、langとも、日本語なので「ja」です。

xml:lang属性はXHTML文書に対して言語を指定するもので、lang属性による記述はHTMLで使用されてきた方法です。XHTML1.0では両方記述することになっています。(XHTML1.1ではlang属性は廃止になっています。)

残りの行は、何も気にすることなく記述していけば良いです。

CopyLeft 2019 Webデザインレッスン プライバシーポリシー サイト管理者に連絡